首のニキビを徹底対策!

首の境目にかけてできるニキビは目立ちますし、場合によっては痛みを伴います。とても辛いですよね。でもきちんとしたケアをすれば改善することはできます。食事やメンタルケアに気をつかうと共に適切なニキビケアアイテムを選び、綺麗な首周りを取り戻しましょう。放っておくと跡に残ってしまうこともありますから、今日からケアをはじめてみませんか?

首の境目にこんなニキビが…!

大きくて赤いニキビが顎周りやおでこ、鼻にも。生理前特に酷いです。

生理前などのホルモンのバランスが崩れたとき、また寝不足や甘い物を食べすぎた時、ビタミン不足の時に出来やすいです。

思春期のように小さい粒つぶが顔全体に出来るというわけではなく、しこりのようなものが出来たと思ったら徐々に肥大化していき、綺麗に治らなければ跡が残ります。
顔の周りやおでこ、顎などの髪が当たりやすい部分や、鼻などの皮脂分泌量が多い場所などに出来やすいです。

たいがい腫れて赤くなり、痛みが出ます。一日二日では治らず、酷い時には一週間以上存在している事もあります。
脂が中に溜まっているような状態で、潰すと膿のようなものが出ますが、跡に残り穴が空いたような状態になりますので、現在はそれは絶対やりません。

自分でも対策を練ってみたんです。

皮膚に触れるものをとにかく清潔にするようにしました。ファンデーションのパフや枕カバーは毎日取り替えて気をつけました。

また、髪が気になるときは必ず結んで肌に触れないようにしました。

食生活の面ではなるべく甘いものや脂っこいものは避け、野菜を中心にするようにしました。

洗顔料や化粧水はニキビ肌に専用のものを使いました。特に洗顔料は気をつけたほうが良いと思います。ニキビ肌専用のものにするだけで見違えます。

りんご酢を蒸留水で薄めたものを拭き取り用化粧水として使うとニキビに良いという情報を聞いたので、早速やってみたところ、新しいニキビは出来ずらくなったし、出来ても治りが早くなるようになりました。

そしてなるべく早めにベッドに入り、しっかりと睡眠を取ることを心がけています。

しかしいまだに生理前にニキビが出来ることは変わらず、改善に試行錯誤を続ける毎日です。

首の境目にできたニキビの正しいケア方法

まずは原因を知りましょう

おそらくは手入れが行き届いていないことが主な原因だと思われます。フェイスケアはやはり顔の表面ばかりをしてしまうものだと思います。フェイスラインのケアを忘れがちになっているのではないでしょうか。又顔の表面は油による原因や老廃物が考えられますが、フェイスラインの場合汗ということも考えられます。運動不足の場合には汗すらもニキビの原因となるでしょう。特に寒い季節は首元が蒸れて汗をかいているはずです。原因としてはそれらになります。

基本的な対策方法

冬ほどフェイスケアに注意が必要です。例えばですが洗顔の時にあごの下まで洗うようにしていますか?これを怠ることによる蓄積が心配されます。かといってただ洗顔の範囲を増やせばいいという問題ではありません。顔と首の皮膚の質は別物なのです。触ってみればわかると思いますが、薄いですし皮という感想になると思います。でも確かに脂が出ている、そのような厄介さをもっています。そのため首に脂を浮かしたくないからといって強く洗い過ぎると皮膚が荒れてニキビの原因となります。

顔と洗い方が違うということを意識することが重要です。毛穴を意識して洗うというよりは、素早くそして水の温度を気にしながら洗うことです。冬ですと水の温度を上げて洗い流すと思いますが、洗顔も然り最後にはしっかりと毛穴を閉じることが重要です。どんなに適切なフェイスケアをしても仕上げをしないと台無しです。最後に冷水でしめるのが最重要だくらいに思いましょう。フェイスラインだって同じく毛穴があるので一緒です。

ケアアイテム&化粧品、どう選ぶ?

フェイスケアをする上で重要になるのはケア用品ですがこれはとても慎重にやるべきです。最初は金銭的にも抵抗があるかもしれませんが、パッケージ等を見て判断して実際に買ってみて少量使ってみる、これしかないと思います。100人いて90人に評価されるケア用品でもあなたにあっているとは限らないのです。自分に合ったケア用品は中々見つからないとは思いますが、コツとしては内容成分をみるということだと思います。やはり同じケア用品なので使ったことがなくても成分から推測はできます。