約束された面白さ? ドラゴンクエスト11は予想を超えたRPG

「ドラゴンクエスト11」をオススメします。
……と言ったところで、誰もが知っているような国民的RPGを今さらオススメしても意味がないだろうと怒られるかもしれません。
しかし、自信をもって言います。
「ドラゴンクエスト11」をオススメします。
なぜなら、「ドラゴンクエスト11」は想像以上に面白いRPGだからです。

美麗なグラフィック! 遊ぶなら断然PS4版

Nintndo 3DS向けにも発売されている「ドラゴンクエスト11」ですが、美しいグラフィックをテレビの大画面で楽しみたいなら、断然PS4版がオススメです。
なぜなら、本作ほど演出とストーリーに凝ったドラクエは、かつてなかったからです。
ムービーシーンは、まるで映画のよう。
実際にキャラクターを操作する画面になっても、どこまでも広がるかのような壮大な景色の美しさに息をのみます。
最近のゲームはとかく美麗なムービーを見せたがり、時にじっと待つ時間が長くて退屈にもなりかねませんが、「ドラゴンクエスト11」は絶妙なバランスが保たれていて、物語が冗長になることも、また短すぎて淡白になることもありません。

ドラクエ11は、ストーリーがスゴい!

オンラインRPGに転換した「ドラゴンクエスト10」とは対照的に、「ドラゴンクエスト11」は完全にオフラインで一人で楽しめるゲームとなっています。
もちろんオンラインRPGにはオンラインRPGなりのドラマがあるわけですが、「ドラゴンクエスト11」には、オフラインの一人向けゲームとして、およそ考えうるあらゆる「面白さ」が詰まっています。
あまり詳しく書くとネタバレになってしまうので控えなければならないのが歯がゆいところですが、二転三転するストーリーはとにかく圧巻。
「ええええ!」と驚く箇所が2度、3度と訪れます。
こればっかりは、実際に遊んでみたいとわからないであろう驚きです。

失われた時を求めて……タイトルに込められた意味

ネタバレを防ぐために詳しくは書けませんが、ゲームのある時点において、初めて「失われた時を求めて」というサブタイトルの意味がわかります。
しかし、そのタイトルに込められた意味の、なんと複雑で切ないことか……。
かなり複雑にからみあった物語を、絶妙なバランスで構築しています。
また、ドラクエファンならではの「先入観」を逆手にとった構成も「ずるい」のひと言。
表のボスを倒したあとには裏のラスボスが待っているのがドラクエの「お約束」ですが、その先入観があるからこそ、このゲームは2倍3倍に楽しめることと思います。
そして、最後には思わぬサプライズも待ち受けています。

勇者が仲間とともに成長しながら力を合わせて強大な敵を倒し、世界を救う。
その大きな筋書きこそ変わらないものの、「ドラゴンクエスト11」は、ありとあらゆる手を使って物語に新鮮味を加えてきます。
だからこそ、筋書きがわかっていても最後までプレイしてしまうのです。
「みんながやっているから」「剣と魔法の王道なんてつまらないから」という理由でまだプレイしていない天邪鬼な方こそ、良い意味で想像を裏切られるようなソフト、それが「ドラゴンクエスト11」です。