脂もでやすく、アゴラインに大きな白ニキビができた時期があった。

もともと生理前にはニキビができやすかったが、その時期はちょうどお酒をよく飲み、睡眠不足やメイクしたまま寝るなどの不摂生もあり、仕事や失恋のストレス、1人暮らしの偏った食生活と、原因は様々だったと思うが、かなり大きいニキビがアゴラインや口元にでき、できて潰し、また新しいニキビが勃発の繰り返しで、潰したあとがクレーターのようになり、化粧して隠すつもりが全然隠れず、でも、気になるからそこだけ色が浮くくらい重ね塗りをしていました。

友人にも心配されるくらいひどかったし、男の子にも「肌どうしたん?」といわれることにもショックで、自然と髪の毛で隠したり、下を向くことが多く、自分にも自信がもてなかったです。顔は看板ともいわれるくらい、内面にも大きく影響することを痛感した。

当時は何もわからずニキビによい化粧品を探したり、ビタミン剤やヒアルロン酸系のドリンクを飲んでみたりといろいろ試したが特に変化せず、途方にくれていたときに、たまたまお肌がキレイな友人が見兼ねて、毛穴の汚れをとり、お肌自体をトレーニングするホームエステを教えてくれたことが私にとっては最高の出来事でした。

ニキビには汚れをとりのぞいて清潔にすること、清潔=弱酸性に整える皮脂膜を自らつくりだせるよう肌力を育てることが大事と教わったことで、今も継続し、全く希望がもてなかった当時から考えるとありえないくらい肌は変化し、ニキビあとも気にならなくなるくらい素肌に自信をもてるようになりました。

また、日頃の習慣としては、メイクしたまま寝ないことや、化粧品のパフをこまめに洗うこと、ハンカチで顔をふかずにティッシュでふくこと、家に帰ると髪の毛をすぐにあげること、食生活もビタミンをとったりバランスのよさも考えて摂取するように心がけています。

23歳

女性